読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハースストーン丸呑み

ハースストーンのあんなことやこんなことまで。毎週更新を目標に

アドベンチャーとパックの魔素

初心者

http://hearthstonefrom0.up.n.seesaa.net/hearthstonefrom0/image/Hearthstone_LoE5B15D.jpg?d=a1

今回は初心者に向けた記事になります。

アドベンチャーとパックでもらえる魔素についての話になります。

どのカードを魔素に変換すべきかというお話はしません。

僕自身、アドベのカードは一切魔素に交換していませんし、責任もてません。

 

アドベンチャーとは

アドベンチャー(以下アドベ)では1区画700ゴールド(以下G)で決まったカードが手に入られます。

アドベで手に入るカードは他の入手手段がありませんので、

課金の有無関係なくゲームをやり続けるプレイヤーはいずれ入手するべきです。

 

現在のスタンダード環境では、ブラック・ロック・マウンテン(以下BRM)、リーグ・オブ・エクスプローラー(以下LOE)、ワン・ナイト・イン・カラザン(以下カラザン)の3つのアドベのカードが使用可能です。

ナクスラーマスの呪い(以下NAXX)はワイルド環境でのみ使用可能です。

 

ピンとこない人のために各アドベの代表的なカードを挙げておきます。

BRM ソーリサン皇帝ブラックウィングの変性者

https://cdn.wiki.denfaminicogamer.jp/files/attachment/000/140/728/ref_upload.pnghttps://cdn.wiki.denfaminicogamer.jp/files/attachment/000/140/693/full_upload.png

LOE レノ・ジャクソンブラン・ブロンズビアード

https://cdn.wiki.denfaminicogamer.jp/files/attachment/000/140/739/ref_upload.pnghttps://cdn.wiki.denfaminicogamer.jp/files/attachment/000/140/580/ref_upload.png

カラザン 精霊の爪メイルシュトロームのポータル

https://cdn.wiki.denfaminicogamer.jp/files/attachment/000/183/601/ref_upload.pnghttps://cdn.wiki.denfaminicogamer.jp/files/attachment/000/183/604/ref_upload.png

NAXX ヘドロゲッパーマッドサイエンティスト

https://cdn.wiki.denfaminicogamer.jp/files/attachment/000/140/696/ref_upload.pnghttps://cdn.wiki.denfaminicogamer.jp/files/attachment/000/140/513/ref_upload.png

 

各アドベンチャーの魔素変換量

次の図は各アドベを開けるために必要なGとそれを魔素に変換した時の量をまとめたものです。

f:id:ao111111111111n:20170208151630p:plain

もらえるカードの枚数が多いLOEが最も1G当たりの魔素が高いです。

 

1パック開けた時の魔素の期待値

ところで、パックを開けた場合の魔素の期待値は

2014~2015年の間の約30000パック開けた集計では98.25魔素

最新の拡張である仁義なきガジェッツァンの約1000パック開けた集計では103.36魔素です。

詳しく知りたい方はこちらをどうぞ(英語)。

Card pack statistics - Hearthstone: Heroes of Warcraft Wiki

 

パックとアドベンチャー、魔素にするのならどっちが得なの?

上の表と海外サイトのデータを比較すると、

同じゴールド当たりの魔素量はほとんど一緒です。

今日言いたかったのはこれです。

アドベンチャーの方は魔素が美味しいって言ってる人がいますが、

長い目で見ればどっちももらえる量は変わらないです。

もらえるカードの使いみちをしっかり考えてGを使っていきましょう。

 

アドベンチャーの方が確実に決まったカード及び魔素が手に入るので、

今すぐ魔素がどうしても必要だってなった時にはアドベンチャーを開いて魔素に変えるのはありかもしれません。

ただ、僕はどのカードを魔素にするべきか分かりません。

情報が集まりやすい大きなサイトがみんなに聞いてみたらいいな思います。

個人の遊び方でどのカードが不要・必要は変わってくるのでかなり難しい問題です。